It doesn't matter.

雑感など。中身はありません。

ブラザーズ・オブ・ザ・ヘッド(2007)

※レビューとか感想ってレベルじゃありませんので注意。個人的雑感です。

 

 

 

・ドキュメンタリー仕立てのフィクション映画。
・結合双生児の兄弟がバンドをやる話。
・イギリスロック大好きマンにはたまらない設定。
・ボコリ愛が性癖なのでクズのマネージャーにバリーが殴られまくってるの最高だしその時トムは何を思っていたのかと思うとめちゃめちゃ最高じゃないですか?
・女性ジャーナリストと恋仲になっちゃうトムが彼女としてる時にバリーは何を思っていたのかと思うとめちゃめちゃしんどくて死んだ。
・またドラッグか〜〜〜〜!!!!!!!!!
・でもラリったバリーがバンドメンバー?とキスしてるシーンありましたね?ありがとうございます。
・冒頭の兄弟のキスシーンは商業的なアレだったので萌えはなかったなぁ。
・音楽がめちゃめちゃ良い。普通に聴きたい。

最初まじでシャム双生児の俳優さんなのかと思ったよ。双子なのね。音楽もライブシーンもめちゃめちゃ格好良くてイケメン双子大変眼福でありましたが、女性ジャーナリストが出てきてから二人の仲がだんだん険悪になっていくわけですわ。
どう控えめに言ってもつらい展開ですわ…。二人でいるのに孤独なわけ。
分離手術を受けるかどうかの話になったシーンはグッと来た。この辺からメイク濃いめで病んでる感じが半端ない。最高だけどしんどい。
案の定ライブで殴り合い、完全に病んでしまいそのままバッドエンド。バリーが先に亡くなって、それをトムが切り離そうとした形跡があったってしんどい。
ラストシーンは二人の表情が重なるところでおしまい。しんどい。
イケメンとイケメンのキスシーンみたさに生半可な気持ちで見た私をギッタギタに打ちのめしてきた映画でした。